コンセプト

溶接・製缶・板金・3D機械加工など製造業に欠かせない加工技術で長年培われてきた技術をもとにして誕生した製品が「KAKINE(かきね)」です。

KAKINEは昭和の時代に敷地と敷地の境界に多く見られた「垣根」をコンセプトにして作られました。垣根は自分のスペースと他者のスペースを区切るという用途で使われますが、他者との関係性を完全に遮断するものではなく、適度なコミュニケーションが取れる比較的緩い境界として存在していました。

そんな垣根をオフィスに採用することでコミュニケーションが取りやすいスペースを確保しつつ、プライバシー保護や感染症対策に配慮しつつ、快適な作業空間を構築するために開発されました。

KAKINE 製造・販売会社

会社名株式会社伊藤工業
住所〒410-0873
静岡県沼津市大諏訪651-3
電話番号055-943-5311
FAX055-923-5322
WEBSITEhttps://ito-industry.co.jp

特長

KAKINEは、「空間」を、あなた自身が自由自在に「デザイン」できるセミオーダー型の機能フレームです。

・足元や机の上で煩雑になっていた電源コードやUSB充電ケーブルなどをフレーム側面に配置したコンセントやUSBポートに接続することですっきりとした作業スペースを実現できます。また、各種配線はフレーム内部を通すことで、コードが絡まることがありません。

・これらの配線は電源プラグを普段お使いの壁コンセントやOAタップに接続するだけ。電気工事不要で設置ができます。

・パソコンモニターは、吊り下げたフレームに電源コードやHDMIケーブルを通せるため、モニター下に作業スペースが生まれます。

・飛沫防止用アクリルパネルや、ホワイトボードをはめ込むことで、個人個人の空間を間仕切ることもできます。

KAKINEは導入場所に応じた寸法に変更ができます。
接続するオプションとして、コンセントやUSBの位置や数量もお客様の要望に応じて対応いたします。

①自由な空間構築

フレームパーツを組み合わせて構築するKAKINE。
様々なフレームパーツや、オプションパーツにより、自由な空間づくりを実現。
導入後も、用途に応じてパーツを組み合わせることで自由に拡張、変更が可能です。


②空間の効率化

サイドフレームに、コンセントやUSBポートがあるため、机まわりがコードで煩雑になることがありません。
コード類をフレーム内部で配線することで、机まわりがすっきりして空間を効率的に使うことができます。
電源コードはプラグ加工済みのため、既設の壁コンセントやOAタップに接続するだけなので、電気工事不要です。


③プライベート空間の確保

KAKINEにパネル取付用金具を使うと、飛沫防止用アクリルパネルや、間仕切り用パネル、ホワイトボードなどを取り付けることができます。
コロナ禍の中の働き方としてプライベート空間を確保し、適度な距離感を持ちながら、効率的に作業することができます。メモや予定などを書き込んだり、自分なりのプライべート空間が作れます。